メダカを飼う方法

ペットボトルを使うメダカの飼い方

水槽というのは結構高価な物です。

 

水槽を買ってまではメダカを育てるつもりがなかったり、川で獲ってきたけどすぐに水槽が用意出来ない等の場合には、ペットボトルで飼うのが一般的でしょう。

 

出来れば2リットル用のペットボトルでの飼ってあげることをお薦めします。

 

500mlでは飼うのに小さすぎます。

 

当然何匹飼うかによっても大きさは変わってきますが、500mlで飼えるのは1匹だけだと思っておいたほうが良いでしょう。

 

2Lのペットボトルを使用する場合でも、メスが2匹、オスが1匹程度までです。

 

ペットボトルでの一般的な飼い方として、丸型のものは転がってしまい安定感がないので、角型のものを使用しましょう。

 

通常の立て置きで使うのではなく、横にして使うのです。

 

まずは底部分に砂利を敷きましょう。

 

水槽での飼うのと同様に、水草も必要です。

 

ペットボトルの上部は、メダカの餌を入れられるように穴を開けておきます。

 

広い入れ物であればペットボトル以外の物でもメダカは飼えますが、周りが透明な水槽やペットボトルのほうが、メダカの動きが観察しやすいでしょう。

 

ペットボトルを使うメリットとして挙げられるのは、水変えが簡単という点です。

 

もともと中の液体を出しやすい様な構造になっている物なので、注ぎ口から出し入れするだけでいいのです。

 

ただ、ペットボトルで飼うのは他に広い水槽などがすぐに用意出来ない場合と考えたほうが良いでしょう。

 

やはりペットボトルでは狭いので、水槽や広い入れ物を買うまでのつなぎとして考えるのがお薦めです。

ペットボトルを使うメダカの飼い方関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ペットボトルを使うメダカの飼い方

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します