メダカを飼う方法

メダカ飼育と水草

メダカに限らず、魚類を飼うというのは水草を入れた飼い方は基本です。

 

なぜメダカに水草が必要なのかというと、水草には地上の植物と同じように、二酸化炭素を使って酸素を作る役割を持っているからです。

 

水中に酸素がたくさん入るような飼い方をしているのであれば、それほど量を入れる必要はあ無いでしょうが、水面から入ってくる酸素の量というのたものです。

 

ただ、水草の入れすぎには注意しましょう。

 

水草は、昼間光合成をするので二酸化炭素を吸って酸素を出しますが、酸素不足の原因にもなる様なのでので注意しましょう。

 

その他にも、メダカが精神的に落ち着いた状態を作る事が出来ます。

 

メダカはとても臆病な生き物なので、隠れる場所をたくさん作ってあげるのが好ましい環境です。

 

他に、隠れ場として流木や小石なども入れてあげるとよいでしょう。

 

また、水草を入れると入れないものに比べて数倍水がとても綺麗に保たれます。

 

糞や食べ残しからアンモニアなどが発生するのですが、これも水草は養分とするからです。

 

水草にもいろいろな種類があり、浮いているもの、砂利に固定するものなどがあります。

 

ホテイアオイというものは水草では無いのですがが、浮草で水中に二酸化炭素を放つことがないのでお薦めです。

 

ただ、浮草を利用した飼い方をする場合には、水面を覆ってしまわないよう注意しましょう。

 

水面を覆ってしまうと水中の水草に光が入らなくなり、中のものが枯れてしまうので気を付けるようにしましょう。

メダカ飼育と水草関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカ飼育と水草

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します