メダカを飼う方法

メダカの餌を人工飼料で

メダカの餌には人工飼料をあげたいと思う人は、どんな餌がメダカには向いているのか覚えておきましょう。

 

まず、人工飼料には色々な種類があります。

 

一般的に餌の形状で名称が違い、フレークやべレット、クラングルなどと呼ばれます。

 

これらの餌でメダカを飼おうと思った場合は、出来るだけ量の少ない小さいサイズのものを買う事をお薦めします。

 

当然飼っているメダカの数にもよるとは思いますが、数匹しか飼っていないのであれば小さいサイズの餌を買いましょう。

 

メダカが食べる餌の量は、一度与えてみればわかるとは思いますが、それほどたくさん与えません。

 

ですから大量に餌を買ってしまうと、空気に触れることにより酸化が進んでしまうのです。

 

出来る限り空気に触れる面は少ないほうが良いので、きちんとフタの出来る密閉容器で保存した方が良いでしょう。

 

また、メダカに使うもの全てを水槽周辺に置く人がいますが、そこに餌も置く事を考えてはいないでしょうか。

 

人工飼料の場合、出来るだけ冷蔵庫で保存するようにしましょう。

 

特に、水槽が窓際に置いていたり、蛍光灯をつけている場合には、人工飼料も温まって変質してしまうのです。

 

変質した餌を与えてしまうと魚が弱る原因になってしまいますので、面倒でも毎回冷蔵庫から取り出すように心がけましょう。

 

ペットショップで買う場合、ほとんどの商品が300円以下で売られています。

 

種類も豊富ですので、メダカの食べ方を観察しながら餌の種類を選ぶようにしましょう。

 

水温が低いと食べる量が減ってしまうので、あまり餌を食べないと感じた時は水温設定を考えることも大事なことなのです。

メダカの餌を人工飼料で関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの餌を人工飼料で

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します