メダカを飼う方法

メダカの産卵

メダカに卵を産ませたいと思っている場合は、卵を産みやすい環境を作ってあげる必要があります。

 

まず大切な事は水温調節です。

 

メダカを飼う時に最適な水温の条件は20度以上であることです。

 

水温が低すぎると動きが鈍ってしまい、交尾を行うこと自体が無くなってしまいます。

 

本格的にメダカを繁殖させようと思っているのであれば、水温計で水の温度を測ることをお薦めします。

 

20度以上というのは最低条件であり、ヒーターや照明で調整することが可能であれば25度〜28度に保ってあげると良いでしょう。

 

その日照時間も大切で、13時間〜14時間ほどメダカに日が当たるようにしましょう。

 

これは室内の照明でも構わないので、簡単に調整が出来ます。

 

それからオスとメスの数についても適した数にする事をお薦めします。

 

一般的に産卵する様な飼い方をしたい場合は、10匹程度は用意した方が良いと言われています。

 

オスとメスが一匹ずつでも交尾しないことは無いのですが、場合によっては相性が悪い可能性も考えられます。

 

メダカにも好き嫌いがある様なので、相性が悪い相手とは交尾をしないでしょう。

 

数のバランスとしてはオスよりもメスを多めにしたほうが良いようです。

 

気が付いたらメスが卵を持っていたという事はよくある話ですが、求愛行動を見たい場合は、次の方法をお薦めします。

 

まず、求愛行動は夜明けに行われるのが一般的なので、朝早く起きる必要があります。

 

ですが、何時から外が明るくなるのか調べるのは面倒だと思うので、寝る前に水槽がすっぽり隠れるくらいの布や服などでで覆って、水槽を真っ暗にしておきましょう。

 

この布を朝起きてから取れば、メダカは夜明けと勘違いし求愛が見られるはずです。

メダカの産卵関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの産卵

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します