メダカを飼う方法

メダカの卵の育て方

産卵に適した環境作りが出来ていると、無事に卵を産ませることが可能でしょう

 

卵は、親メダカがいる水槽からは出来れば離して育てる事をお薦めします。

 

そうしておく事で他のメダカに食べられる心配も無くなり、無事に稚魚が孵る可能性が高くなります。

 

親と別の水槽に分けるのが面倒だという人の場合は、水槽内に吸盤で取りつけることが出来る小さめの容器を、ペットショップで買って使うとよいでしょう。

 

生まれた場所と同じ水質を保つことが出来るのでお薦めです。

 

卵が孵るまでの間は、出来るだけ触らずに刺激を与えないようにしましょう。

 

当たり前の事ですが、無精卵を育ててもメダカの稚魚が孵ることはないのです。

 

無精卵か有精卵かの分かりやすい見分け方として卵の色を見る事ですが、覚えておく方が良いでしょう。

 

無精卵の場合、そのまま放っておくと腐ってカビの原因になってしまうので、産まれた卵が無精卵だった時は取り出すようにしましょう。

 

メダカの無精卵の色は白です。

 

逆に有精卵は綺麗な透明になっています。

 

一見、透明な方が中に何も入っていないので、無精卵と勘違いしがちですが、一週間後くらいから卵の変化が見られるようになるでしょう。

 

卵は丈夫な皮に包まれてはいるのですが、産卵のための環境作りの時と同じように、水温には十分気を使ってあげなければなりません。

 

水温は25度前後で孵すのが理想的でしょう。

 

水温を25度で保てていれば、卵が産まれてから孵化が始まるのに10日程かかるでしょう。

 

水温によって、もっと早く孵ったり遅くなったりと違いますので、目安として捉えましょう。

 

 

メダカの卵の育て方関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの卵の育て方

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します