メダカを飼う方法

メダカの稚魚の飼い方

問題無くメダカの稚魚が孵ったら、次は稚魚のための環境をつくってあげましょう。

 

まず、大人のメダカと同じ様な環境を作ってあげましょう。

 

小さなパックでしばらくの間飼う人もいるようですが、この方法はお薦め出来ません。

 

当然のことですが、稚魚にも酸素は必要な物なので、水草などの環境が整った場所で飼わないとすぐにメダカが酸欠になってしまいます。

 

もちろん糞もしますので、水換えも必要でしょう。

 

稚魚のうちは水温の変化にも敏感に反応しますので、水温まで気を使った飼い方をしてあげる事が大切です。

 

稚魚の餌は大人用のものをすり潰して与える方法の他には、ペットショップで稚魚用のものを買う方法もあります。

 

産まれたばかりのメダカの稚魚は3〜4ミリ程度しかありません。

 

大人用の餌をすりつぶして与える場合には、かなり細かくなければならないので注意が必要です。

 

稚魚の飼い方の注意点として、別々の時期に産まれた卵は、それぞれ別にして孵化させることが必要です。

 

例えば、1センチ程度まで成長した稚魚が、孵ったばかりの小さな3ミリ程度しかない稚魚を食べることも十分に考えられます。

 

そのため、遅れて産まれる卵は先に生まれた稚魚のエサの対象となってしまうのです。

 

同じ時期に産まれた稚魚の場合でも成長に差があり、大きなものは小さいものを食べようとするので、別の容器に移してあげた方が良いでしょう。

 

親メダカと一緒にする場合、最低でも体長が2センチ程度になってから写した方が安全です。

 

1.5センチ程度の大きさになれば、同じ水槽で飼っても食べられることはまず無くなりますが、遊びのつもりか追いかけられることはよくあるでしょう。

メダカの稚魚の飼い方関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの稚魚の飼い方

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します