メダカを飼う方法

冬場のメダカの飼い方

メダカの飼い方で一番気になるのが冬場に飼う方法です。

 

まず、冬場にメダカを外に置くのはやめましょう。

 

どこの地域で飼うのかにもよりますが、水面に氷が張るような寒い地域ではでは、冬をしのぐことが出来ない可能性が高いです。

 

特に近くのペットショップで買ってきた場合は、メダカは寒い環境に慣れていないと思います。

 

また、川からとってきたものの場合でも、川は広いので全てに氷が張るということは極めて稀な事です。

 

小さい水槽は凍りやすいと思うので、室内に置きましょう。

 

出来ればヒーターを用意した方が良いのですが、昼と夜の温度差があまりないようであれば、必ずしも必要なものではありません。

 

冬場の飼い方の基本は、室内の昼と夜の温度差の少ない場所に置くという事です。

 

昼間は日光が当たる場所が理想的です。

 

人が生活している部屋に水槽を置くと、人がいる間はストーブや暖房で温められ、寝てから朝方の特に寒い時間は水温が下がるといった大きな温度差が出てしまうので、出来るだけストーブの影響を受けない場所に置くようにしましょう。

 

水温が下がると、メダカが餌を食べる量は減ってきます。

 

ヒーターを使わない飼い方をして、水温が低くなる場所で冬を越させる時は、餌の量も少なく調整する必要があるのです。

 

水温が10度以下になってしまうと、ほとんど動く事がなくなり、メダカもお腹がすかなくなるので餌の量はほんの少しでいいです。

 

春になり水温が上がったのを確認してから、少しずつ餌の量を増やすようにしましょう。

 

冬場のメダカの飼い方関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

冬場のメダカの飼い方

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します