メダカを飼う方法

メダカを観察する

メダカを飼う時は、いつでも観察が出来る場所に水槽を置くことをお薦めします。

 

せっかくメダカに合う環境を整えて迎え入れたのですから、目につかない場所に置いていては意味がないですよね。

 

観察することにで色々なことが分かります。

 

例えば、ちょっとした体調の変化なども、よく観察していないと分かりません。

 

いつも目につくような場所に置いて観察していれば、今日はいつもと様子が違うなどのように、病気にも早く気付くことが出来るのです。

 

元々メダカは強い魚なのですが、基本的な飼い方を守らずに勝手な育て方をしているとすぐに弱ってしまうのです。

 

餌の量などもきちんと観察しておけば、食べる量が減ってきたら病気を疑ってみるなど、表面上に出てこない体調の変化も感じられる事でしょう。

 

卵を産ませたいと思っている場合は、よく観察してオスとメスの比率がどのくらいかを調べましょう。

 

たくさんの卵を産ませたいと思っている場合は、メスが多いほうがよいでしょう。

 

そのため、オスのほうが多かった場合はメスを飼い足したりして、メダカが産卵しやすい環境を作りをしなければなりません。

 

特にメダカの飼い方がよく分からないという人は、泳いでいるのをよく観察することで適切な飼い方が出来ているかの判断も出来るでしょう。

 

メダカの元気がないと感じたら、なにか育て方に間違いはないか見直すきっかけにもなるでしょう。

 

一瞬見ただけでは気付けない事もあるので、変化を見逃さないためにも、出来るかぎり目につく場所で飼うことをお薦めします。

メダカを観察する関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカを観察する

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します