メダカを飼う方法

メダカの卵の取り方

メダカの稚魚を増やす為には、繁殖用の飼い方をしなくてはいけません。

 

繁殖用の飼い方の基本としては、まずメスが卵を産んだら、その卵を取って別の環境に隔離してあげる必要があります。

 

産まれたばかりの稚魚は小さいため、同じ水槽内でそのまま孵化してしまうと、メダカに食べられてしまう可能性があります。

 

産卵に適した飼い方が出来ているとメスは卵を産むのですが、産んだ卵はしばらくの間お腹にくっついています。

 

この状態で放置してしまうと、お腹についているの卵を他のメダカが寄ってきて食べてしまうのです。

 

メスがお腹に卵をつけたら、そのメスを卵を入れる容器に網ですくってそっと移し、柔らかいハケを使って卵を取るのです。

 

その他にも、メダカが水草にくっつけた卵を水草ごと取るという方法も簡単です。

 

更に簡単に卵を取りたい時は、お腹の膨らんだメスを産卵用として販売されているプラスチックケースに移しておくという方法もあります。

 

これはペットショップで買う事が出来ますが、四角い小さなケースの下部に卵が落ちていっても大丈夫なスペースがあり、生まれた瞬間に他の親のメダカから離す事が可能な物もあります。

 

メダカは水草に卵を産みつけるのが一般的なので、一緒に水草も入れてあげる事をお薦めします。

 

卵を隔離するのが面倒な人は、普段の水槽の環境を調えてあげましょう。

 

産卵に適した環境とは、稚魚が生まれた時に隠れる場所がたくさんあるものの事です。

 

水草を多く入れてあげることだけではなく、親が入れないような小さめの隙間が出来る小石をひいてあげると良いでしょう。

メダカの卵の取り方関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの卵の取り方

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します