メダカを飼う方法

メダカの病気

メダカにはたくさんの病気があります。

 

メダカを飼うのに適した環境を作ってあげていても様子がおかしいと感じた場合は、もしかしたらメダカが病気にかかってしまったのかもしれないと疑いましょう。

 

病気の初期症状として分かりやすいのが、動きの変化です。

 

例えば、ずっと水面近くを泳いでいたり、息苦しそうに口をパクパクさせたり、逆に水底から動かなくなり泳がなくなるといった状態をいいます。

 

メダカがかかりやすい病気について紹介していきましょう。

 

◆口ぐされ病

 

口が白くなって、ボロボロになる病気です。

 

そのまま放置しておくと餌が食べられなくなり、そのうち衰弱死してしまいます。

 

水の中で細菌感染した事が原因といえるので、飼い方の基本である水質を見直すことが重要でしょう。

 

水換えもをしなければならないので、病気を見つけたらすぐに換えてあげるようにしましょう。

 

◆白点病

 

最初のうちは小さな斑点から始まり、最終的に体全体に斑点出て衰弱死してしまう病気なのです。

 

こちらも水質改善が重要です。

 

◆水カビ病

 

感染症を引き起こす細菌がメダカの体内に入ったことにより、皮膚に水カビが現れてしまう病気です。

 

そもそもの原因は傷口がある事です。

 

その傷口から細菌が入ってくるので、傷ついたメダカがい場合、隔離して安全に育ててあげましょう。

 

よくオス同士は喧嘩をするので、そのまま一緒の水槽においておくのはやめたほうがいいでしょう。

 

メダカの病気の多くは、水質や水中の細菌が原因ですので、定期的な水換えや安定した水質が重要になります。

メダカの病気関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの病気

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します