メダカを飼う方法

メダカの病気の治療

メダカの病気の治療には、一般的に二つの方法があります。

 

特に効果があるのが、ペットショップで手に入る病薬による治療法です。

 

病気を治す為には、水温を高めに設定する事が大切です。

 

ヒーターを使って25度に保つ必要があります。

 

メダカの病気治療のための病薬は様々な種類があるので、まずはメダカがどの病気にかかってしまっているのかをきちんと把握し、それに合わせた病薬を使うのが基本です。

 

量を間違えてしまうと逆に弱らせてしまう場合もあるので十分注意しましょう。

 

次に塩を使った治療法です。

 

まずはこの治療法から試してみてはどうでしょうか。

 

病薬に比べて、何倍も安く治療が出来ます。

 

病薬治療と同じように水温は25度に設定し、0.2%程度の弱い塩分濃度から行います。

 

症状が改善されないようならば、0.6%程度までは塩分濃度を濃くしても良いのですが、あまり濃いと死んでしまうので注意が必要です。

 

そのまま2日程置けば変化が現れてきますが、もし変化がないようであれば一度水を交換した後に再度行うとよいでしょう。

 

メダカの治療を考えるうえで、出来るだけお金を使いたくないというのであれば塩による治療が一番いいでしょう。

 

更に、病薬とは違って副作用などの恐れもないので、安心して使うことが可能ですが、濃度だけは十分に注意しましょう。

 

水質による問題が病気の原因だった場合、病気が治ったとしても水質を改善した飼い方が出来ていなければ、また再発してしまう可能性もあるのです。

 

メダカを飼う一つの方法として、水質を安定させてあげるのが一番重要な事なので、一度病気になってしまった場合には、水の作り方を見直す必要があるでしょう。

メダカの病気の治療関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの病気の治療

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します