メダカを飼う方法

メダカの病気を予防

メダカの病気は、飼う環境をいつも整えてあげることで予防出来る可能性が非常に大きいです。

 

頻繁に病気を繰り返している場合はご自身の飼い方を見直してみましょう。

 

まずは水量について紹介します。

 

メダカを飼う場合水の量は、きちんと考えてあげたほうがいいでしょう。

 

一匹に対して一リットルはあったほうが良いです。

 

水槽で飼っている場合は、その水槽が何リットル入るのかを調べましょう。

 

理想の水量は、一匹あたり二リットルあったほうが良いのですが、それが難しい場合には一リットルで考えましょう。

 

つまり、10匹飼う場合には10リットルの水が必要になるので狭すぎる環境ではないかを考えてみましょう。

 

メダカの数に対して水量が少ないと、いろいろな病気の原因になってしまいます。

 

糞の量が多くなる為に、良くない細菌が繁殖しやすくなったり、それがストレスにも繋がり免疫力が落ちてしまいます。

 

それから水質も重要です。

 

酸素は足りているのか、弱酸性〜弱アルカリ性にきちんと保たれているのか、バクテリアの量は適切か等を調べる必要があるでしょう。

 

水道の水を使う場合には、きちんとカルキ抜きをすれば問題ないのですが、ホームセンターなどでリトマス試験紙が売られているので、心配な人はこちらを利用する事をお薦めします。

 

臭いが気になって頻繁に水換えをしているような状態だと、バクテリアの数が足りていない可能性が高いそうです。

 

そういった場合には、バクテリアを購入して加えてあげる事をお薦めします。

 

逆に水換えを滅多にしないというのも水質悪化の原因となり、正しいメダカの環境とは言えないので注意しましょう。

 

この状ような態では病気に罹りやすいというだけでなく、状態が悪化しやすいくなってしまうのです。

メダカの病気を予防関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの病気を予防

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します