メダカを飼う方法

メダカの水換え

メダカの飼い方の基本として、水換えをする場合に覚えておきたいのが、全ての水を一度に交換しないということです。

 

病気が見つかった場合は別なのですが、一度に全ての水を換えてしまうとメダカにとってかなりストレスを感じてしまいます。

 

二週間に一度、水を換える量は全体の1/3程に留めた飼い方をしましょう。

 

まずは、バケツなどの容器に水道水を汲んで、日の当たる場所に2〜3日置いておきましょう。

 

水道水を入れるバケツは水洗いで綺麗にしておき、洗剤などが残ったものは使わないように注意しましょう。

 

日光に当てることで、水道水の中に含まれている魚にとって有害な成分を飛ばすことができ、これをカルキ抜きと呼んでいます。

 

水の用意が出来たら、水槽に入っていた水と一緒にメダカを別の容器に移しましょう。

 

この時、水槽の中の2/3程度の水も一緒に容器に移しておきましょう。

 

残りの1/3は交換するので全て捨て、砂利の間などについた汚れを洗い落とします。

 

あまりごしごしと擦ってしまうと大切なバクテリアなどを殺してしまう場合があるので、ぬるぬる感が残っている程度で問題無いでしょう。

 

バケツに汲んでおいた水と元の水温差がないように調節してから、メダカを静かに戻します。

 

水換え時は、交換する前日と翌日は餌を与えないようにしましょう。

 

定期的に水換えをすることで、水中の酸素濃度を調整し、メダカにとって理想の環境にしてあげることにも繋がるので、面倒がらずに行うようにしましょう。

 

目に見えない様な汚れが砂利の間にはたくさん沈んでいるので、見た目がきれいだからやらなくて良いという事にはなりません。

メダカの水換え関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの水換え

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します