メダカを飼う方法

メダカが弱る大きな原因

メダカが弱る一番の原因とされているのが水質です。

 

メダカを飼う上で一番重要な事なので、メダカにとって良い水質環境を保てるようにしましょう。

 

水換えは適度に行う事が基本です。

 

頻繁に行ってしまうと、水中のバクテリアが死滅してしまい水質を悪化させます。

 

逆に、長い間水を変えないでいると、増えすぎたバクテリアや酸素不足からメダカが弱ってしまうのです。

 

それに、なかなか難しい事なのですが、餌は腹八分目程度与えるようにしましょう。

 

目安としては、3分間できちんと食べきる量です。

 

初めて餌を与える場合には、時計を気にしながら3分間で食べきる量を覚えておきましょう。

 

水温によっても食べ方が違ってきますので、水温に変化がある時期毎に量を測り直したほうが良いでしょう。

 

エアーレーションもメダカが弱る原因の一つとなります。

 

他に、フィルターなどを使う場合にも、エアーレーションを使った時と同じように水中に水流ができないかを確認しましょう。

 

水や餌、環境や水質をクリアしても弱っていると感じる場合は、もしかしたら病気にかかってしまっているのかもしれません。

 

飼い方が間違っていない場合にはメダカをよく観察し、病気にかかっていないか調べましょう。

 

水中は病気が広がりやすい状況なので、一匹でも病気の魚がいて、そのまま同じ水槽に入れておくと、次々に他の健康なものにまで被害が広がってしまう可能性があるのです。

 

病気は出来るだけ早く見つけて、一刻も早く隔離してあげることが重要です。

 

表面上の病気が見つからなかった場合でも、病気の兆候があると思い、定期的に観察しておく事をおすすめします。

メダカが弱る大きな原因関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカが弱る大きな原因

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します