メダカを飼う方法

メダカの餌やりと水温

メダカがどれくらいの量の餌を食べるかというのは、水温によって大きく異なります。

 

活発に活動する水温は25度〜28度ですが、これよりも極端に冷たい環境で飼う場合には、消化機能が落ちるためたくさん餌を食べなくなります。

 

ヒーターをつけずに冬を越させる場合には、少しずつ餌の量を減らすようにしましょう。

 

それから、よく餌をあげてすぐに寝させるという飼い方をする人がいるようですが、出来ればこれは避けた方が良いでしょう。

 

電気が消えると、メダカはあまり活動をしなくなります。

 

寝る前に餌をあげてしまうと、その後動く機会が減ってしまうので、きちんと消化出来ずに、消化不良を起こすのです。

 

この様な飼い方を続けていると、徐々に体調が悪化してしまうので注意が必要です。

 

それに、食べきらない程大量の餌を与えないようにしましょう。

 

メダカには胃袋がないという事をご存知でしょうか。

 

つまり、食べきれないほどの餌を与え続けていると、常に食べ過ぎている状態になるのです。

 

これはメダカの肥満を招きとても不健康です。

 

逆に、少し足りないかなと思う位の量がちょうどなので、タイマーを使い3分間以内に食べきる量を一日2〜3回与えましょう。

 

夏と冬では水温が全く違うので、餌の量や回数にも配慮しなければなりません。

 

水温が低くメダカがあまり食べない冬に、夏場と同じくらいの量の餌をあげても、食べ残して水を汚すだけになるので、どれくらいの量を食べるのか見極めることが大切です。

メダカの餌やりと水温関連エントリー


Copyright (C) 2010 上手なメダカの飼い方ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

メダカの餌やりと水温

メダカを飼う時の基本や注意事項をわかりやすく紹介します